スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣に行ってきました - 寅年ですし、やっぱり信貴山ですよね

今日(1月2日)は初詣に行ってきました。

近畿地方にお住まいの方にはおなじみですよね。
寅年の初詣といえば信貴山です。
もしかしたら、大阪・奈良限定かな・・・。
とにかく、寅年といえば信貴山なんですよ。
ちなみに、「平城遷都1300年祭オープニングイベント in 白虎」が行われた場所でもあります。

私の実家は大阪なので、近鉄・大阪上本町駅から向かいます。
その上本町で「信貴山寅年 福招ききっぷ」なるものを発見。

愛花と初詣1
現地への往復切符だけでなく、「福招き小判」と「おみくじ or 戒壇めぐり」の引換券付きです。
左上の模型は、窓口で売っていたので父が衝動買いしたもの。
近鉄沿線に住んでいると、こういった懐かしの模型が欲しくなったりしますw

大阪上本町から近鉄大阪線に乗り、河内山本で乗り換え、信貴山口へ。
そこから高安山まではケーブルカーです。

愛花と初詣2
寅のイラストは「しぎとらくん」っていうらしいです。
普段はこんなペイントはされていないはず。
このケーブルカーを利用するのって初詣くらいしかありませんし、前に来たのは24年前の寅年です。
覚えているはずもない。

ケーブルカーの終点である高安山から信貴山朝護孫子寺へはバスで向かいます。
さすが寅年ということもあって人出も多い。
バスも渋滞に巻き込まれてなかなか進みません。
ってゆうか、初詣にクルマで来ないでほしいです。

バスを降りてから本堂までは、徒歩で約10分の距離ですがそうはいきません。
人が多すぎて入場規制。
本堂に到着するまで1時間くらいかかりました。

愛花と初詣3
本堂の前で記念撮影。
今回は愛花といっしょです。
明るいといろいろ写り込んでしまいますし、画面が見えにくいですね。

本堂へ参拝した後は、戒壇めぐりへ入ってみました。
本堂の下にお祀りされている如意宝珠を拝みに行くわけですが、ここが本当に真っ暗なんですよ。
眼を開けても閉じても同じくらい光が入ってきません。
手さぐりで進んで、わずかに照らされている御本尊を拝むわけです。

信貴山で有名なものといえば張り子の寅ですよね。
まずは小さい方。

愛花と初詣4

そして大寅。
愛花と初詣5
ここでも愛花と撮影です。

この大寅には「世界一福寅」って名前が付いています。
世界一かどうかわかりませんが、とにかく大きいです。
お腹の部分にポストの投函口のようなものがあって、指定の封筒・便せんで投函すると12年後に開封されて届きます。
私のときは、24年前に投函して12年前に届いたらしいです。

あとは遅めの昼食をとって帰宅。
帰り道に彼を激写しました。

愛花と初詣6
せんとくん。
平城遷都1300年祭の会場ということもあって、いろんなところで彼を見かけました。
なんだかんだ言われても、せんとくんは愛されてますよねw


初詣もしたわけですし、今年はいいことがありますように。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。