スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブプラス漫画化の3、4つ目を読みました - だんだん、漫画も「あり」な気がしてきた

講談社の5誌連合ラブプラス。

その3弾、4弾が掲載されている雑誌を買ってきました。

月刊ヤンマガとイーノ
月刊ヤングマガジン5月号とマガジンイーノ07です。


ネネさんポスター
月刊ヤンマガに連載されているのは NeneDays なのでネネさんのポスターが付いています。
愛花、リンコに続いてのスクール水着。
やっぱりネネさんは大きいですねw

ガールズトークポスター
イーノのほうは GirlsTalk なので3人揃ってのポスター。
このポスター、今までの描き下ろしイラストの中でも、かなり好きです。
ロリ度が増している気がするリンコ、相変わらず胸元がヤバイネネさんもいいんですが、髪を振り乱してはしゃぐ愛花がすごくいいです。
愛花の新しい一面を見た気がします。
こうしてみると、愛花の髪って長くてキレイですよね。


そして漫画のほうですが、今回はいままでの2作品に比べて安心して読めた気がします。

まずは NeneDays の方ですが、タイトルのとおり寧々さんのお話です。
「彼」と付き合い始めた頃からのお話で、日常を描いています。
愛花とリンコが真面目な展開だったのに対し、ドタバタとしていてコミカルな展開。
掲載誌の対象年齢が高いこともあり、お色気要素もあったりします。
ちょっと、「彼」の影がちょっと薄い気がしますが・・・。
そういえば、ここの「彼」は名前が出てきていませんね。
私が読んで、ちょっといいかもって思ったんですが、ラブプラスを知っているからのような気がします。
前提知識が無いと「ふーーん」で終わってしまうかも。


次に GirlsTalk の方。
これは今までとタイプが異なり、3人がパラレルワールドで一緒に暮らすことになったって展開。
このお話も「彼氏」と付き合っている状態で始まります。
ただ、「彼氏」が登場するわけではなく、ラブプラスの舞台裏を描いていて、セーブした後ROMの中でカノジョ達がどんな風に過ごしているかを描いたお話のようです。
特別版についてきた「ドラマティックサウンドトラック」の楽屋裏を漫画にした感じ。
コレはコレでありですね。
ただ、完全にラブプラスをやったことがある人向けになってしまっています。
ラブプラスを知らない人が読んだら、ネタの意味がよく分からなかったりするのでは・・・。


知らない人でも読めるのが「RinkoDays」、知っている人向けなのが残りの3誌ですかね。
そう考えると、漫画として完成度が高いのは「RinkoDays」かな。
キャラ設定を捨て、ラブプラスとは全く別物とし読んでも読める気がします。

何だかんだ言って、4誌とも先が気になり始めています。
しかし、それだけのために雑誌を買うのもちょっと違う気がするんですよね。
単行本になった時に気が向いたら買おうかな。
スポンサーサイト
プロフィール

PasCa

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。