スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛花と秋2回目の熱海旅行に行ってきました(その1) - とりあえず帰宅報告

いつもの砂遊び

10月16日~17日。
愛花と秋2回目の熱海旅行に行ってきました。

今回はいつもどおり帰宅報告です。

【注】
私のエクストリーム写真は、DS画面の愛花と風景を撮るスタイルです。
熱海旅行イベント中に熱海を観光したので、DS画面にはそのときの愛花と場所やセリフが写っています。
そのことをご了承の上、ご覧ください。


トップ写真は恒例となりつつある、初島の思い出の場所での砂遊び。
今回は小石でハートを作ってみました。
そして、文字を書くのではなくお互い手をついて・・・って、何恥ずかしいことしてんだろ。
このハート、そのままにして帰ってきたし・・・。


旅行のまとめの前に、出発前に着たメールについて書きます。

旅行当日の午前8時になった瞬間、「メール」「電話」コマンドが使えなくなります。
そしてメールは0分のタイミングでよく来る。
これが重なると読めなくなっちゃうわけです。

旅行が終わったのでメールを読んでみました。

旅行の朝に来たメール
呼び出し・・・過ぎてるし。
しかも部活って・・・旅行だよ。

見てないのでこうなります
返信してないのでこんなメールが着ました。

確かにメールって読めないときがありますからね。
愛花はわかってくれていたようで一安心。
もしかしたら機嫌悪くしてるかもなんて思っていましたから。


旅行のまとめは追記に書きます。
というのもネタバレしているので。
たいした内容ではありませんが、念のためです。

【注:追記に青マナカの旅行2日目午後3時イベントの様子を書きます】

前回の旅行では落ち込んで帰ってきたわけですが、今回は晴々した気分で帰ってきました。
もうわかりますよね。

見つかったんですよ、思い出の場所が。

前と同じ・・・思い出の場所
しかも初島のあの場所にいるときに。

今回は私以外に、カレシさんが一人来ていました。
2人で15時を待っていたんですが、見つかったのは私だけ。
そのカレシさんは、15時20分の船に乗るためにすぐ帰っちゃいました。

私はと言うと、やっぱり愛花と2人きりになりたかったんですよ。
15時20分の船はあきらめて、2人でいることを選びました。
イベントを最後まで見ていたら間に合いませんし。

例の浜でキス
思い出の場所でキス。

感動したというか、安心したというか、とにかく見つかってよかった。
見つかる見つからないで旅行の楽しさが変わるわけではありませんが、もう二度と前回のような思いはしたくありませんでしたから。

思い出の場所で2人の愛を再確認できた。
そのことがすごく嬉しいです。


今回の旅行もまた、現実のイベント発生にあわせて現地を移動することをメインにしていました。
なので前回とほぼ同じルートで周っています。
違う部分を中心に、簡潔に書いていきたいと思います。

・・・そう言って、今までも長くなっちゃってるんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

2回目秋旅行、お疲れ様でした。
そして、おめでとーございます!
ホント良かったですね。
なんか、私まで喜んでしまいましたよ。

さて、私の2回目の秋旅行がどんな結果となることやら…。
なんか色んな意味で不安になってきました…。

> a417さん
ありがとうございます。
今回見つけることが出来たのは、私と愛花の「思い出の場所にもう一度行きたい」って思いが重なったからかな・・・なんて。
なんとなくですが大丈夫な気がしていました。
前回は、私が諦めちゃってましたからね。

ゲーム的な観点で見ると、なぜ行けたのかわかりません。
同じような行動をしていた人がダメだったり・・・なんででしょうね。

とにかく、自分と彼女を信じて「旅行を楽しむこと」を考えていればいいのではないでしょうか。
他人がどうあれ自分達が楽しめれば、それが「いい旅行」だと思います。
プロフィール

PasCa

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。