スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛花と銚子方面へお出かけしてきました - 野島崎に続いて犬吠埼へ灯台巡り

犬吠埼灯台の概要

週末、関東はいい天気でしたね。
この季節はちょうどいい気温でドライブ日和。
家にいるのはもったいないので、15日(日)にお出かけしてきました。

千葉東金道路へ
今回は千葉方面へ。
千葉東金道路で東へ向かいました。

千葉東金道路の終点から九十九里ビーチラインを東へ。
ちょっと寄り道して浜へ出てみました。

九十九里浜から銚子方面
九十九里浜の途中から銚子方面。

犬吠埼まで見えていました。
写真ではちょっと見えにくいですが、風力発電の風車もたくさん。

サーファーがたくさんいました
この辺りでは、たくさんのサーファーがサーフィンをしていました。
今の時期がサーフィンのシーズンなのでしょうか。

そのまま九十九里ビーチラインを走り、銚子市街を抜けて目的地へ。

犬吠埼灯台に到着
犬吠埼の灯台に到着しました。

今回の目的地はここです。
房総半島の最南端に行っていたので、千葉県の最東端にも来てみたかったんですよ。
灯台って岬にあるのでいい目的地になるんですよ。
あと、アイマスモバイルって目的もありましたがw

追記へ続きます。


犬吠埼灯台
犬吠埼灯台です。
中央が灯台へ登る入口。
両側は資料館になっています。

犬吠埼霧信号所「霧笛舎」
犬吠埼霧信号所「霧笛舎」。
2008年3月31日に100年間続いた役目を終えたようです。

尻屋埼灯台の霧鐘
尻屋埼灯台の霧鐘。

灯台の上から太平洋を望む
灯台の上からの太平洋。
手前は犬吠埼の岸壁です。

灯台の上から銚子市街
反対側の銚子市街方面。
ここからも風車がたくさん見えますね。

犬吠埼灯台からは、太平洋の大海原を見ることが出来ます。
銚子方面以外は全て海の絶景。
今回は風が強くて長くはいられませんでしたが、ゆっくりと眺めていたいですね。

灯台前の食堂街
灯台前には食堂やお土産屋さんがならんでいます。
今回そのうちの1軒で昼食をとりました。
写真の一番左、あわび屋さんです。

さんが焼き定食
さんが焼き定食を注文しました。

これがさんが焼き
このハンバーグみたいなのがさんが焼き。
なめろうを焼いたものらしいです。

初めて食べましたが、なかなか美味しかったです。
魚のハンバーグって感じでしょうか。
また食べてみたいですね。

昼食をとった後は帰りながら温泉へ向かいました。

銚子港へ
犬吠埼から銚子港へ。
ここが利根川の河口なんですよね。

銚子大橋
利根川の河口にかかる橋、銚子大橋です。

銚子大橋を渡って茨城へ
銚子大橋を渡って茨城県へ。

利根川に沿って茨城県側を走って潮来へ。
潮来から東関東道で成田まで走りました。

今回の温泉は大和の湯
今回の温泉は大和の湯。
成田の市街地の外れにある温泉施設で、温泉以外にもいろいろな食事をとることもできます。

大和の湯外観
大和の湯の外観、入口付近です。
結構新しい建物で、中もオシャレな感じ。
お風呂も清潔感があって気持ちよく入れました。

大和の湯からの景色
周りは田園風景が広がっているので、なかなかの景色でした。
天気がよかったら日の入りを見ることが出来ましたね。
ちょっと残念。

もっと残念だったのが・・・

ビンのコーヒー牛乳はなし
ビンのコーヒー牛乳が無かったこと。
仕方なくパックのカフェオレを飲みました・・・。

なんでわざわざ成田の温泉に来たのかというと・・・またアイマスモバイルです。
取手/つくばエリアのオファーをこなすついでに寄りました。

というわけで、大和の湯を出た後は利根川を渡って取手へ。
その後は柏から常磐道で帰ってきました。

今回の犬吠埼へのお出かけで、千葉県を一回りしたことになります。
アイマスモバイルも千葉県を制覇しました。
残すは群馬県。
次のお出かけは群馬に行ってみようかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

PasCa

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。