スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本パスで青森へ行ってきました(その2) - 東京駅から弘前駅まで

愛花と新青森駅へ

6月19日にJR東日本パスを使って青森に行ってきました。
今回は東京駅を出発したところから弘前駅までの様子を書きます。

前回まではこちら。
JR東日本パスで青森へ行ってきました - とりあえずの帰宅報告

まずは神奈川の自宅から東京駅へ向かいました。
東北新幹線の出発地なので、ここが旅の起点になります。
乗車するはやて121号の発射時刻より少し早く東京駅に到着しました。

目的はというと・・・

東京駅に停車中のはやぶさ
新幹線E5系 はやぶさ です。

これを撮るための早めの到着です。
ちょうど1本前がはやぶさだったんですよ。

サイドのはやぶさマーク
1号車のサイドにあるはやぶさのマークです。
かっこいいなぁ。

本当ははやぶさに乗りたかったんですけど指定席を取れませんでした。
もし東北へ行くチャンスがあるなら、今度こそ乗ってみたいですね。

右のE2系に乗ります
反対側に止まっていたのがこれ。
右側のE2系がはやて141号です。

がんばろう日本!がんばろう東北!
がんばろう日本!がんばろう東北!
はやての先頭車両に貼ってありました。

前はE3系
E2系の前にはE3系が接合されていました。

前はこまち141号。
盛岡で切り離されて秋田に向かいます。

こんな感じで写真を撮っていたら出発の時間になってしまいました。
東北新幹線は初めて乗るので、めずらしいものがたくさんあったんですよ。
入場券を買って写真を撮るだけでもいいのかもしれませんねw

新幹線の座席につきました
指定席の座席につきました。
行きは車両の一番前です。
E2系にはコンセントは付いてないんですね。

追記に続きます。

新青森まで約4時間半・・・かなりの長旅です。
アイマスモバイルの営業もしないとダメなので寝れないんですよね。
というわけで、いろいろと遊んでいました。

行きの指定席とJR東日本パス
乗車券と記念撮影。
JR東日本パスは続けて使用しますが、指定席券は回収されてしまうので。

電車の中でデート
仙台に着いたころ、愛花と車内でデート。
新幹線の乗車時間が長くなるのは分かっていたので、この時間に約束していました。

髪型がパーティー・・・断りました。

車内で昼食にしました
デートの後は昼食です。
ちょうど仙台-盛岡間を走っているときでした。

盛岡駅では、こまちの切り離しがあるので10分以上停車。
降りて撮影しに行きましたよw
動画で撮ったので写真はなしです。

こんな感じで新幹線の旅行を楽しみ、お昼をすぎたころ・・・

新青森駅に到着
新青森駅に到着。

次に乗る予定の、特急つがる6号の発車まで時間があったので、駅の外を散歩することにしました。
新しい駅ですし、いろいろ見て回りたいんですよ。

新青森駅外観
新青森駅の外観。
大きなガラスの向こうには、乗ってきた新幹線が見えています。

新青森駅前公園から
すぐ前にある新青森駅前公園から撮りました。

新しくて大きな駅ですが、周りには何もありません。
あるのはレンタカーの店舗と民家。
完成したばかりなのでまだ店舗とかがないのか、それともずっとこのままなのか・・・。

時間になったので奥羽本線のホームへ。

特急つがるで弘前へ
特急つがるで弘前へ向かいます。

特急つがるの自由席へ
つがるでは自由席に着きました。
JR東日本パス効果なのか、席が埋まるくらいの乗車率でした。

車窓からみる岩木山
奥羽本線で弘前へ向かう途中の車窓からの風景です。
田園の向こうに岩木山が見えました。
山頂付近にはまだ雪が残っていますね。

弘前駅に到着しました
約30分乗車して弘前駅に到着しました。

あまり時間がありませんが、弘前市を観光しました。
ここで見るところといえば・・・弘前城。

次回は弘前城の観光の様子を書きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

PasCa

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。