スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南紀白浜へお泊り旅行に行ってきました(その2) - 2日目はアドベンチャーワールドへ

チケットを買って入園

11月5日~6日にかけて白浜方面へ旅行へ行ってきました。
今回は2日目の午前中の様子を書きます。

田辺のホテルを出発し、再び白浜へ。
2日目は白浜最大の観光スポットへ向いました。
朝から雨が降っていますが、昼くらいからは曇りの予報です。

アドベンチャーワールドへ
南紀白浜アドベンチャーワールドです。

白浜に来てここは外せません。
確か子供の頃以来、2回目だと思います。

アドベンチャーワールド入口
アドベンチャーワールドの入口。

ここでチケットを購入して入園。
トップの写真がその様子なんですが・・・入園料が思ったより高い。
中に入れば納得するんですが、ちょっとビビッてしまいました。

エントランスドーム
入口を入ってすぐエントランスドーム。

噴水で泳いでいるのはペンギンです。
これもビックリ。
普通は動物を触れることが出来ないようにしているものですが、完全に放置されていました。
後から行く場所もそうなんですが、動物と触れあえるようにしているんですよね。

ペンギン王国へ
エントランスドームを抜けてペンギン王国へ。

ケープペンギン
入口でケープペンギンがお出迎え。

2羽で毛づくろいをしていました。
カワイイですよねー。
カップルのようにも見えますが性別は不明です。

ケープペンギンと愛花
愛花と記念撮影。
噛み付いているように見えますがガラス越しですw

ペンギン王国は建物の中にあり、いろいろな種類のペンギンを見ることが出来ます。
その中にはエンペラーペンギンの赤ちゃんも。
普通は見ることが出来ないですよね。

エンペラーペンギン
エンペラーペンギンの群れ・・・。

これには圧倒されました。
南極では群れで過ごしていますが、それをこのように再現するとは。
これだけの数が集まると怖いですね。

ペンギン王国のあとは海獣館で海の動物達を見ました。
そして、アドベンチャーワールドの人気者のところへ。

追記に続きます。
次はパンダランドです。
アドベンチャーワールドの動物で真っ先に思い出すのがパンダですよね。

ダレるパンダ
ガラスの向こうのパンダ・・・。
完全にダレています。

パンダワールドの屋外エリア。
そこではパンダのお食事中でした。

笹を食べるパンダ
大量の笹をたべるパンダ。

このパンダも目と鼻の先です。
こんなに目の前でパンダが見れるとは思っていませんでした。

パンダ肉まんとカステラ
パンダ肉まんとカステラ。

パンダ館を出てすぐの屋台で売っていました。
見た目は可愛らしいんですが、結構美味しかったで。

次はいよいよサファリパークです。
特に予約等はしていないのでケニア号で回ることにしました。

ケニア号でサファリツアーへ
まずは草食動物ゾーンから。

象やキリンなどのサバンナを代表する草食動物や、アジア地域の草食動物などなど。
様々な草食動物がいます。
最初はケニア号から見学しましたが、後に歩いて見学したので詳しくはそちらで。

肉食動物ゾーン
そして肉食動物ゾーンです。

さすがに歩いての見学はないので、ケニア号での見学になりました。
ジープで見学とかコースはいろいろとありますが予約が必要なのです。

ライオン
肉食動物の代表格ライオンです。

なんていうかダレてますよね・・・。
ライオンのオスって基本的に狩りをしないのでこんなものでしょうか。
それとも餌に困らないからかな。

ヒグマ
係員がヒグマに餌を与えていました。

クルマの大きさから巨体が分かると思います。
実際に見たらもっと大きい印象が・・・。
こんなのに襲われたらひとたまりもありませんね。

チータやトラなど他にも肉食動物はいましたが、上手く写真が撮れていませんでした。

ケニア号でのサファリ見学の後は昼食をとってからウォーキングサファリへ。
その様子は次回に書きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

PasCa

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。