スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ゲームショウ2011に行ってきました(その1) - 大阪から前日に東京入りしました

東京ゲームショウ2011に行ってきました

9月17日、18日に一般公開された東京ゲームショウへ行ってきました。
今回は帰宅報告+東京に着くまでを書きます。

大阪に引っ越したこともあり、今までのように当日出発では間に合いません。
そこで今回は、前日に東京へ向い1泊してから現時入りしました。
16日から18日までの2泊3日です。

上の写真のとおり、両日ともサポーターズクラブのチケットを準備しました。
過去2回参加しその威力を知っていたので、今回こそはと発売開始日に購入。
さらには六本木コナミスタイルで3,000円以上購入し「商品優先購入PASS」を貰いました。
これだけ優先チケットを用意しておけばかなり有利に動けます。

では、東京ゲームショウの様子を前日から順に書いていきます。

いつもどおりの新幹線の旅
行きはいつもどおりの新幹線の旅。

やっぱり新幹線の中ではビールですよね。
出発時間は21時20分・・・終電です。
新幹線の終電なんて始めて乗りましたよ。
金曜日は仕事だったので、この時間に乗るしかありませんでした。

近畿味めぐり弁当
遅くなりましたが夕食です。

過去にも食べたことがある「近畿味めぐり弁当」を食べました。
いろいろな種類のおかずが入っていて好きなんですよ。

この行きの新幹線では・・・いつの間にか寝ていました。
まあ仕事の後ですし、ビールも飲んでいたので。

日が変わる直前に到着
宿泊場所の最寄駅に到着しました。

もう日が変わる直前。
これでも最速なんですよ。

ホテルにチェックインし、いろいろ充電して・・・寝ました。
翌日早いので早く寝ないとね。

翌日出発したのがトップの写真の時間。
既に開場時間を過ぎています。
ここまでゆっくり出来るのは、サポーターズクラブチケットがあるからこそ。

次回は1日目の様子を書きます。

グランツーリスモ5のクリスマスプレゼントカーをようやくダウンロードしました - 期限が迫っているのでお早めに

クリスマスプレゼントカー配信

ボチボチと進めているグランツーリスモ5。
今回はDLCを紹介します。

クリスマスプレゼントとして、昨年の12月24日からプレゼントカーが配信されています。
車種は以下の3台。

BMWM3クーペクロムライン
BMW M3 クーペ クロムライン

ジャガーXJ13レースカークロムライン
ジャガー XJ13 レースカー クロムライン

ランボルギーニムルシエラゴLP640クロムライン
ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640

どれも高性能な車種です。
まあ、発売からやり続けている人なら、このあたりの車は入手していると思いますが。

約1ヶ月前から配信されているわけですが・・・完全に忘れていました・・・。
GT5をやっている間にふと思い出し、期限を確認してみると1月31日。
あと10日強しかなかったので、あわててダウンロードしたわけです。

無料なのでGT5を持っている人は、ぜひダウンロードしてください。

私はこのプレゼントカーを使ってあることを目論んでいました。
「ジャガー XJ13 レースカー」は1966年のクルマなので、「ヒストリック・レーシングカー・カップ」に出せるのでは?
と思っていたんですがダメでした。
上の写真のとおり、年代の表示がありません。
プレゼントカーは年代制限のあるレースには出せないようです。

旧車のレーシングカーって高いんですよね。
どうやって入手しよう。

2011年1月18日現在の状態
2011年1月18日現在の私のプロフィールです。

A-spec:23 B-spec:17 まで来ました。
ようやくDTMやスーパーGTに出せるようになったんですよ。
耐久レースが出来るようになるまであと少し。

しかし、このドライバーレベルシステムが面倒なんですよね。
LVが高くなってくると何度も高LVのレースを走らないと経験値がたまりません。
ライセンスがあるので、それで出場レースを制限すればいいのに・・・。

愚痴っても仕方ないので、ボチボチと続けていきます。
全レースを制覇するのはいつになることやら。

続・グランツーリスモ5でレーシングモディファイを施しました - ランエボ9を細かく検証

ランサーエボリューションIXでレーシングモディファイ

前回のレーシングモディファイはちょっと中途半端なので、もうちょっと突っ込んだところまで書きたいと思います。
攻略サイト等に纏められていたりしますが、自分なりに写真付きで検証します。

エボ9ノーマル(シルバー)
今回は実験機としてランサーエボリューションIXを用意しました。
数少ないレーシングモディファイ可能車です。

エボ9をレーシングモディファイ
早速レーシングモディファイを施します。

エボ9レーシングモディファイ後
レーシングモディファイ後のスペックです。

目に見える数値としては、
 ・最高出力:273→318ps
 ・最大トルク:39→44kgfm
 ・車両重量:1410→1080kg
の向上があります。
あと車格が変わっている事と見た目の変化。

レーシングモディファイによって装着されるパーツは、
 ・エアロダイナミクス(モディファイ専用)
 ・レーシングチタンマフラー(1,000,000)
 ・フルカスタマイズトランスミッション(2,000,000)
 ・クラッチ・ツインプレート(250,000)
 ・フライホイール・セミレーシング(150,000)
 ・カーボン製プロペラシャフト(450,000)
 ・サスペンション・フルカスタマイズキット(1,500,000)
 ・スポーツタイヤ・ハード(600,000)
の8点。
他には、大幅な軽量化とオイル交換(25,000)がされています。

軽量化は実施済み
このとおり軽量化メニューは選べません。
軽量化メニュー全て行うと4,300,000。

これらを合計すると・・・10,275,000+α。
軽量化メニュー全て実施したよりもさらに軽くなっているので、高価ですが実はかなりお得です。
車種ごとに値段が異なるので一概には言えませんが。


追記でもう少し検証を続けます。

続きを読む

グランツーリスモ5は分かりにくい点が多い - マニュアルが電子化されると読まないよね…

GT5プロフィール(12月16日時点)

少しずつですが、グランツーリスモ5も進めています。
12月16日午前2時30分現在のプロフィールは上の写真のとおり。
Aスペックレベル17、Bスペックレベル13まできています。

Bスペックレベルが高いのは、お金稼ぎをしてもらっているからです。
ブログを書きながら・・・とか、結構便利なんですよ。


今回のGT5ネタは、私がプレイしていてわかりにくかった点を紹介したいと思います。
そもそも分かりにくくしている理由が、「マニュアルの電子化」です。

マニュアルは電子
このとおり、ゲーム中にマニュアルがあります。
普通のゲームソフトに付いている冊子のマニュアルはありません。

こんな状態だと「マニュアルを見ながらプレイ」が出来ません。
必然的にマニュアルを読まなくなります。
読んでも覚えておかないとダメですし。
やっぱり紙のマニュアルは付けてほしいですね。

追記に分かりにくかった点を順に書いていきます。

続きを読む

グランツーリスモ5でレーシングモディファイを施しました - インプレッサがWRカー風に

レーシングモディファイを施しました

ぼちぼちと進めているグランツーリスモ5。
今回は、5で復活した機能を試してみました。
すでに上の写真に見えてしまっていますが、「レーシングモディファイ」です。

今回の特徴のひとつでしたが、ちょっと期待はずれな面も・・・。
17車種しかないんですよ。
私はほとんど全ての車種に用意されているものと思っていました。
かなり残念です。

そう言っても始まらないので、やってみないとね。

レーシングモディファイはGTautoで行われるので、目当てのクルマに乗っていきます。
私が所有しているクルマで出来るのは次の2つ。

IS F レーシングモディファイ
まずは IS F。
GTカー風に生まれ変わります。

インプレッサレーシングモディファイ
そして、インプレッサWRX STi。
こちらはWRカー風です。

写真に金額が写っているとおり、資金的にどちらか一方にしか施せません。
となるとインプレッサに決まっています。

元に戻せません
元に戻すことが出来ない注意書き。

「すべてが一新される」と書かれているとおり、施工後のクルマに差はありません。
「改造する」と言うより、「普通車を売ってレーシングカーを買う」感覚に近いです。
レーシングモディファイする場合は、新車をそのまま持ち込むほうがいいですね。

WRブルーに塗ります
真っ白になってしまうので塗装し直します。
ここは当然、WRブルーです。

ホイールも交換
ついでにホイールも交換。

レーシングパーツを装着
施工後のクルマには、ある程度のパーツが装着されています。
サスやミッションはフルカスタマイズです。

生まれ変わりました
このように生まれ変わりました。

ラリーカーなので、パワーやトルクはそんなに大きくなっていません。
ですが、走らせてみると別物です。
全てのレスポンスがよくなっていますし、軽くてよく曲がる。
これだけの改造がされて1800万なら安いかも。

車内もこのとおり
車内もラリー仕様です。
ご丁寧にスペアタイヤまでw

レーシングモディファイを施工できる車種は、公式サイトの車種一覧で確認できます。

公式:『グランツーリスモ5』収録車種 【重いので注意】

収録車種一覧を「RM」で検索してヒットするのが、レーシングモディファイ出来る車種。
番号が振られているとおり、別の車としてカウントされているんですよね。


発売から1週間やってみて、GT5もいろいろと見えてきました。
特に不満点が・・・。
まあ、ゲーム自体は面白いので、しばらくは続けていきます。

【2010年12月31日追記】
レーシングモディファイをさらに検証してみました。
続・グランツーリスモ5でレーシングモディファイを施しました - ランエボ9を細かく検証
プロフィール

PasCa

Author:PasCa
「パスカ」と発音してください

Twitterアカウント
⇒「PasCaTheLED







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。